第13期 成績・結果

珍しくやすべえリーガーが多く勝ち上がった日本プロ麻雀協会のウェスタンカップ予選@。ぜひこの大会もやすリーの手中に収めようと企画された練習会に参加したのは代表・星越選手・小田選手の13期決勝面子と橋上・松淳の両選手。一発・裏ドラ・カン裏ありの別物と言っていいこのルールの練習会の後に13期決勝戦を行うという無謀さ!まさか他のメンツのリズムを狂わそうとする代表の仕掛けた巧妙な罠・・・?

決勝メンツで唯一練習会不参加となった中出選手も実はこの日ウェスタンカップ予選Aに参加中で、初回の足切りを危ないところでクリアという状態。中出選手が決勝会場のやすべえハウスに到着次第決勝を始めるという段取りだったので、中出選手が早々に負けて決勝が早く始められるかも!?という期待が膨らむものの、なんと中出選手が粘って粘って最後は見事予選通過!これでやすリーからは少なくとも5人の選手が8/5の本戦に進出となりました!そろそろ協会大会もやすリーの毒牙に・・・

さて練習会では中盤から松淳選手の独壇場!早くて高い手とハラヘッタを連発し、13期決勝メンツを軽くひとひねりして見事勝利!決勝戦を前に変なところで決勝面子にツキを使わせぬ優しさを発揮!?さすがビューティフル・ボディ・エンジェル!

練習会終了後、間を置かずして中出選手も到着し開始となった決勝戦、さっきまでの和気藹々な雰囲気は影をひそめ皆が本気モードにシフトアップ。特に代表はさっきまで口にしなかったE−maのど飴(賞味期限間近の割引品)をどこからともなく取り出した!今期HIP1のイクラ選手も観戦記執筆のため駆けつけいよいよ闘牌の火蓋が切って落とされました!それでは永世HIP1に辿り着いたイクラ選手の観戦記をどうぞ!

7月のくっそ暑い最中、やすべえリーグ15節の決勝戦が守口で行われた。
今回の決勝は(星越選手が厳しいが)全員優勝の目がある白熱した試合となるだろう。先にここまでの点数を確認しておく。

大原代表:122.2 中出選手:116.1 小田選手:103.8 星越選手:71.0

親の順は星越選手・小田選手・中出選手・大原代表と、総合得点の低い順に綺麗にならんだ。

東1 親:星越選手 ドラ4s
中出選手がいつものようにお出かけ開始。
まず東をポン、続いて發もポン。
残る手配は2345m456pの聴牌。
しかし親の星越選手も以下の手配で追いかける。
23789m12389p599s
だがここは中出選手があっさり自摸あがる。星越選手の悪運もここまでか・・・。チーン


5回目の決勝で優勝への執念を見せる星越選手

東2 親:小田選手 ドラ東
親の小田選手が聴牌。
789m56p333666s發發
ダマで構えるがドラの東を持ってくると、そのままツモ切りリーチ。
しかし大原代表も即追っかけリーチを敢行。
56789m55678p888s
小田選手が捕まり1300の失点。小田選手の夏も早々に終わった・・・。チーン


Classicと八翔位戦へのはずみをつけたい小田選手

東3 親:中出選手 ドラ西
ここで4者の手がぶつかる
まずは中出選手、334m2p13668s西西北北
今までの攻め方からして、ここは無理やりトイトイに持っていくかと思ったが、小田選手から北が切られても反応せず。
鳴きの天才の異名をとる中出選手にしては珍しいと思ったがここはそのまま七対子に進む。
小田選手は4455678m35p白白發發とホンイツが見えるいい手配に。
星越選手は打点は低いが6sが埋まればさっとあがりが取れそうな手配。悪運復活!?
ただ浮いたドラを切れるのか?11m345789p4578s西
大原代表は9pをチーし、片あがりながら先制聴牌。
123m123p2399s 78・9pチー
小田選手も大原代表の捨て牌の白をポンして聴牌。
44456778m發發 白白白ポン
そして中出選手が9mを捨て、小田選手に御用。
小田選手、中出選手から直取りで点数以上に嬉しそうにみえる。
「よっしゃよっしゃ、な!?○ホ出は出すやろ!?ウッシッシ」もはや聞きなれた暴言が風鈴のごとく聞こえる真夏の夕暮れであった。


中出旋風を巻き起こした今期、王子が遂に王に!?

東4 親:大原代表 ドラ6p
中出選手の手がイイ。
123457778m1234pここに6mをツモり1p切りリーチ。
このリーチに誰も対抗できず、中出選手が最高の9mをツモあがり2000/4000。麻雀の女神は中出選手に微笑んでいるのだろうか。少なくとも代表の顔は笑顔からは程遠い、いつもより紅潮しこの上なく不機嫌だ。


この腹

南場に突入。
点数状況は・星越選手:26700・小田選手:28900・中出選手:36800・大原代表:27600

南1 親:星越選手 ドラ7s
星越選手が3シャンテンだがいきなり南をポンして仕掛ける(まあ親ゆえにの鳴きだわな)
それに反応し、大原代表も同じく3シャンテンだが發をポンして対抗(大丈夫か?)
しかし中出選手が5巡目にリーチをかける。(ほらやっぱり!言わんこっちゃない!)
34577m45p345789s
しかし捨て牌に6pがあるためフリテンである。
まだ5巡目なのになぜ捨て牌に6pがあるのか・・・(三色とイッツー天秤の手で6pを切ったら5p持ってきちゃったからリーチ!)
大原代表も負けじとチーして追いかける。
だが手配は67m237p58s 發發發ポン 68・7mチー
これはあがれそうな気配がないが、フリテンを予期しての仕掛けなのか。(いや、怒りにまかせたヤケクソ)
しかし小田選手がここにリーチをかけ参戦。中出選手と大原代表はピンチに。(多分小田選手は普通にリーチ)
しかし小田選手にツモらせることなく中出選手が大きな大きな3pツモ。(全員ゲロー)
3000/6000のあがりで優勝が一気に近づいた。

南2 親:小田選手 ドラ4s
中出選手の好調は続く。
4巡目にしてすでに聴牌。
123m3588p567s北北北
6巡目にさらっと4pをツモあがり。これで優勝戦線はほぼ中出選手と大原代表に絞られることになる

南3 親:中出選手 ドラ6m
ここで大原代表としては中出選手との点差を詰めておきたい。
78m79p1289s中西
純チャン三色も見える手配だがここに6mをツモってくる。
大原代表の心の折れる音が7.1chサウンドで聞こえた。
好調を維持している中出選手は8巡目に111m678p234s東東白白の聴牌。
しかし白は小田選手と持ち持ち。東も星越選手が1枚抱えている。
優勝の目がほぼ消えてる星越選手が東を切ることはないだろう。
13巡目、大原代表が反撃の發ポン。
234456788m3s 發發發ポン
気が付けばマンズのホンイツイーシャンテンである。
このホンイツを成就させ、ラス親に賭けたいところだったが、中出選手がラス牌の東を持ってくる。
1300オールとさらに点差を広げてゆく。もう代表の心は対局後に予約している焼肉に向かうしかないのだろうか・・・。

南3その2 親:中出選手 ドラ7m
これ以上の差は許さないと大原代表が仕掛ける。
鳴き仕掛けで聴牌。
45566789m發發 12・3mチー
この仕掛けに優勝を確信したのか中出選手は当然のごとく降りていく。らしくないような気がしたこの瞬間、勝利の女神が中出選手にそっぽを向いたような気がしたの気のせいか。
結局大原代表の1人聴牌でついにオーラス突入となった。

現状の点数状況の確認。

星越選手:18000 小田選手:21900 中出選手:54200 大原代表:25900
中出選手が2着目大原代表と30000近い点差を広げてのオーラス。
ただラス親の大原代表がこのまま終わるとも考えづらい。
小田選手は中出選手から3倍満直か役満ツモで逆転優勝、星越選手は目無しとなった。

南4 親:大原代表 ドラ9s
大原代表、ここにきて神配牌を手に入れる。
388m1122334p449sすでにイーシャンテンである。
そして3巡目に3mをツモ、4pを横に曲げながら卓に叩きつけリーチ宣言。
さすがにこの速度でのリーチでは残りの3者はたまったものではない。
中出選手も直撃は避けるためにサイドブレーキを引いた状態での進行に。恐らくこのまま他はテンパらないだろうが、代表としてはここは一人聴牌で終わるのではなくなんとか自摸りたい。
そして流局間近の14巡目、大原代表が9sをツモりあげ、大きな大きな6000オール。
まさかここまで高いとは、と3者は思っただろうか。勝負が一気に面白くなってきた。
このツモで中出選手との点差は一気に4300まで縮まることに。

南4その2 親:大原代表 ドラ中
しかし、ここで中出選手と大原代表の配牌に暗雲が立ち込める。
2人とも聴牌すら厳しい配牌。
実際、自分も流れて終わると感じ、思考はこの後の飲み会にシフトチェンジ。


この後何を食って飲むか忘れないようにメモる井倉選手

しかし大原代表もここで持ち前のしぶとさを発揮する。
気が付けば68m33678p234678sで聴牌してるではないか。
強烈なツモを繰り返しての聴牌。これには観戦記係の自分も猛省。
やはり麻雀は最後までわからない。
中出選手の手配は形の悪い役なしイーシャンテン。
ここで決めておかないとやられるという焦燥があったのか、あくまで聴牌に向かうため、4mを切り出す。


*.・+゜ ヾ(*´∀`)ノ゙ うそです ゜・:.。*

この4mは危険…後々大原代表のあがり牌の7mを掴んだ時、自ら作り出した安全筋を頼ってしまうのではないか。
そんな一抹の予感。
中出選手、次順も4mをツモ切り。


( ^ω^)負けたお

その予感が当たり、次順中出選手がツモった牌は7m。
なんの躊躇いもなくツモ切り。
この瞬間、運命が大きく動いた。
大原代表、中出選手から7700を直取り。
これで大原代表が中出選手を捲りトップに躍り出る。

南4その3 親:大原代表 ドラ5s
中出選手の条件は大原代表から6400以上直撃か他家から12000の出あがり、2000/4000のツモ条件となる。
しかし、今日の中出選手の流れはこれくらいでは終わらない。
7巡目、逆転の手を張る。
11m1122p1122577s
渾身の七対子である。
ドラ待ちなのが弱いがツモれば文句なし逆転である。
12巡目、大原代表が聴牌する。
66789m67p444s東東東中
オリときゃいいのに、ここでションパイの中をぶった切る。
中出選手としてはこの中を捉えていれば再逆転優勝だったが、そううまくはいかない。
次順、大原代表はションパイの發を持ってきて今度は丁寧に降り始める。
中出選手も最後まで粘ったが、ドラの5sが顔を出すことなく流局。

大原代表が苦節5年ぐらい、念願のやすべえ初制覇を成し遂げた。

今回の決勝戦は中出選手の猛攻で一気に決着がついてしまうかと思われたが、
最後の最後、オーラスで大原代表のカウンターが決まるという、劇的な勝負となった。
そして優勝が大原代表ということは、打ち上げもスーパーウルトラ超豪華になるのは必然と言っていいだろう。いや、当然だろう。それでこそ我らが代表だ!禁じ手の伊勢海老も出てくるはず!ビールはプレミアムの豊穣か熟撰!酒は大吟醸、ハイボールのウイスキーは山崎の12年以上モノになるはず!
打ち上げの日を楽しみに待ちながら、8月のウエスタンカップもやすべえが旋風を起こせるよう頑張りたい。


Yリーグ第13期成績・結果
順位氏名第1節第2節第3節第4節第5節決勝合計
1大原 泰孝▲15.743.562.523.28.733.6155.8
2中出 雄介52.24.7▲4570.134.114.5130.6
3小田 宏一17.615.311.712.946.3▲18.185.7
4星越 英明4.0▲35.339.325.237.8▲30.041.0
5ジュンジー坂井▲23.541.5▲2.7▲748.656.9
6引地 大輔49.10.00.0▲12.7▲9.726.7
7西坂 昭利▲10.10.03.634.5▲1.726.3
8清原 康之0.07.819.641.0▲44.424.0
9松井 一義0.033.8▲1.60.0▲21.710.5
10岡本 駿0.0▲19.10.016.11.9▲1.1
11板川 和俊0.00.0▲19.4▲35.940.9▲14.4
12山本 勝司0.00.0▲54.10.0▲11.4▲65.5
13近野 理智男0.00.0▲42.7▲29.5▲10.5▲82.7
14林 大輝▲8.60.055.4▲67.7▲66▲86.9
15橋上 博紀0.0▲65.425.2▲46▲8.2▲94.4
16井倉 巻治▲25.7▲27.8▲34.9▲24.2▲47.7HIP1▲160.3

彡(゚)(゚) 藤田社長がMリーグ始めよった・・・。
彡(-)(-) ワイも金あったらやりたかったンゴ・・・。
彡(゚)(゚) せやけど今期はようやくやすリーで勝てそうやからまあええか
彡(-)(-) 今回優勝したらやすべえリーグも名実ともにワイのリーグ・・・!?
彡(゚)(゚) せや!やすべえの頭文字はY!
彡(^)(^) ワイのリーグやからYリーグ!
彡(^)(^) これからはやすべえリーグはやめてYリーグで行くんや!
彡(゚)(゚) ほなユニフォームも要るな・・・
彡(^)(^) これはやすリーのロゴ入りTシャツでええやろ


ジャジャーン!!

彡(^)(^) どや!カッコええやろ!
彡(^)(^) バックプリントにはやすべえのロゴ入れたろ!
彡(^)(^) 選手とは年俸制という名の時給で契約して対局ない日は店で働かしたろ!
彡(^)(^) 裁量労働制っちゅうことにして深夜まで通し勤務でええやろ!
彡(^)(^) 人手不足も解消できて一石二鳥や!ワイ働かんでええんちゃうか!?
彡(^)(^) まさに働き方改革!名案や!やっぱワイは天才や!
(● `Д´) 何しょーもないことしとるんや!
(● `Д´) ビミョーなパクリなんかしたら麻雀界から怒られるわドアホ!!ボカスカ
彡(。)(;) ・・・ま、まあYリーグはええから何とか決勝がんばります、、、

※スライドとこの記事は期間限定です。


前期のチャンピオンがポイントを伸ばせず下位に沈む波乱の第13期、決勝進出したのは大原代表、中出選手、小田選手、星越選手!誰が勝ってもリーグ初制覇!大原代表涙の初優勝があるのか!?はたまた11期HIP1からの下剋上!?やすべえカップ以来の賜杯!?悪運がホンモノになるのか!?注目の決勝戦は22日(日)!
と、ここまでは強者の物語。今期のHIP1は何とこれで3度目!しかも今期一度役満を和了ったもののコールドで決めてしまったのはMr.HIP1の井倉選手!ついに永世HIP1となりました!


なんとなんと大原代表が依然としてポイントリーダーに君臨!そして皆からの容赦ない口撃にもめげず再浮上してきたのは王子!キヨもこの日は噴いて追い上げ準備万端!虎視眈々とシブくポイントを積み重ねて追う小田選手も圏内に!一方HIP争いは国士を和了ったもののトップが取れなかった井倉選手を橋上選手に前期の優勝準優勝コンビがコールドにすべく迫る!?展開に! 代表悲願の優勝に更なるロケット加速をするのか!?井倉選手はコールドで3度目のHIP1を決めるのか!?それとも新たなHIP1が誕生するのか!?注目の最終節は7月16日午後5時から天満橋会館で!


ブチギレテイオーが怒涛の快進撃!?この日3トップを奪った大原代表が遂にトップに!これは悲願の初優勝が見えてきたか!?新参加の林選手に松井選手も猛追!そして「オソヨー、アホデノクセニ」が口癖の小田選手もいつの間にか首位争いに参加! それに対してHIP1争いはいつものメンツ?がひた走る・・・。混とんとしてきたHIP1争いにも目が離せない第4節は5/27(日)17時から天満橋会館で!


ブチギレテイオー怒りの逆襲達成!?大原代表が40ポイント以上稼いで5位に浮上!中出選手が足踏みする中この日優勝戦線に名乗りをあげたのは前期HIP1の松井選手!下剋上Vあるかも・・・?下位に目を移すと井倉・橋上の2選手がHIP1争いをリード!
まだまだ混迷極める第13期、第3節は4/22開催!


板川選手の圧勝で幕を閉じた第12期の記憶も冷めやらぬ中、いよいよ第13節が開幕!BIG1カップやヴェストワンカップ等大会で欠席したりバレンタインでチョコがもらえず引きこもったままの選手が多かったものの、新人も参加した第1節はいきなり波乱!?の幕開け。果たして王子が帝王となるのか・・・?
次節”ブチギレテイオー怒りの反撃も返り討ち!の巻”にご期待ください!


第13期日程

  • 第一節 2/25(日)
  • 第二節 3/25(日)
  • 第三節 4/22(日)
  • 第四節 5/27(日)
  • 最終節 7/16(日)※変更となりました


第12期出場予定選手
No.1:板川 和俊
3連覇を目指す!
No.2:近野 理智男
今期は後1順位だけ上げます
No.3:大原 泰孝
今期からは行儀良く打ちます
No.4:小松 弘樹
元先生ンゴ。なかなか出れないンゴ。
No.5:中出 雄介
ネクタイ代よこせー
No.6:西坂 昭利
スキあらばスーパー銭湯に
No.7:小田 宏一
大山頼むわ・・・
No.8:井倉 巻治
もうHIP1にはならない
No.9:橋上 博紀
10時が門限
No.10:清原 康之
スタートダッシュ(or逆噴射)を決める!
No.11:ジュンジー坂井
板やんに勝つ!
No.12:山本 勝司
もうそろそろ勝ちたいンゴ・・・
No.13:星越 英明
やすリーのリチャード・ギアこと星越です
No.14:松淳
初代やすリー女王かつMs.HIP1
No.15:松井 一義
台湾行って肥えるわ
No.16:西田 一信
息子に麻雀で叱られる
No.17:岸野 功武
4回戦ボーイ
No.18:引地 大輔
もりマーをよろしく
No.19:岡本 駿
やすリーの平均年齢を下げる!
No.20:林 大輝
やすリーの平均体重を下げる!
inserted by FC2 system